MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google、キーワードや検索結果を第三者に傍受されない、セキュアな検索サービスを提供

2010/05/24 11:20

 Googleは、Googleのサービス上でやりとりされるデータの暗号化を推進しており、これまでGmailとGoogle Docsなどのサービスに通信データを暗号化してやりとりするプロトコル「SSL」を導入してきた。Googleはそのセキュリティ対応をさらに強化し、今年のはじめには、GmailにおいてSSLをデフォルトにしている。

https://www.google.comの画面
URL欄の右はしには、暗号化通信を示すカギのアイコンが表示される

 今回Googleは、よりセキュアな検索を実現するため、「https://www.google.com」を選択肢に加えた。このURLで検索を行うと、ユーザーのブラウザとGoogleの間の通信はSSLによって暗号化され、検索に使ったキーワードや検索結果がネットワーク上の第三者によって傍受されるのを防ぐことができる。このサービスはベータ版で、現在のところGoogleの「ウェブ検索」だけをカバーしている。

【関連記事】
Google、Gmailに通信を暗号化するHTTPSを採用
Google、中国検索市場からの撤退はほぼ確実な情勢に
Google、中国からの撤退を示唆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5