SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、キーワードや検索結果を第三者に傍受されない、セキュアな検索サービスを提供

 Googleは、Googleのサービス上でやりとりされるデータの暗号化を推進しており、これまでGmailとGoogle Docsなどのサービスに通信データを暗号化してやりとりするプロトコル「SSL」を導入してきた。Googleはそのセキュリティ対応をさらに強化し、今年のはじめには、GmailにおいてSSLをデフォルトにしている。

https://www.google.comの画面
URL欄の右はしには、暗号化通信を示すカギのアイコンが表示される

 今回Googleは、よりセキュアな検索を実現するため、「https://www.google.com」を選択肢に加えた。このURLで検索を行うと、ユーザーのブラウザとGoogleの間の通信はSSLによって暗号化され、検索に使ったキーワードや検索結果がネットワーク上の第三者によって傍受されるのを防ぐことができる。このサービスはベータ版で、現在のところGoogleの「ウェブ検索」だけをカバーしている。

【関連記事】
Google、Gmailに通信を暗号化するHTTPSを採用
Google、中国検索市場からの撤退はほぼ確実な情勢に
Google、中国からの撤退を示唆

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング