SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ツイッターの過去にさかのぼれる、話題の中身がよくわかる、Googleのすっきり新しいリアルタイム検索画面

 新しいインターフェイスでは、画面左側の「アップデート」をクリックすると、左側にツイッターユーザーのつぶやきを、右側にはそれらのつぶやきの中で最も言及されているニュース記事やブログ記事などが「トップリンク」として表示される。これらの情報から、いま何の話題で盛り上がっているのかを効率よく把握できるようになる。

瞬時に流れていく膨大なツイートを表示するだけではなく
その話題についてしっかり把握できるよう工夫されている

 Googleはさらに、検索を行った時点でのつぶやきだけでなく、過去のつぶやきもさかのぼって検索できる機能も追加。画面上部のタイムラインによるグラフでは、各時間帯におけるツイッターのつぶやきの相対的なボリュームを表しており、このグラフ上で時間帯を指定すると、好きな時点のつぶやきをみることができる。

【関連記事】
ツイッターで最もツイートされたのは カメルーン戦の本田のゴールの瞬間
ツイッターで参院選を占う「選挙なう」
Google、ツイッターのつぶやきも検索できる 「リアルタイム検索」を国内展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/06/22 11:10 https://markezine.jp/article/detail/10691

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング