MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第3回 バナーのリンクは価値がない? 役に立つリンクと役に立たないリンク

2006/08/30 00:00

サイト開設から時間がたってくると、相互リンクの申し出があったり、いつのまにかリンクされたりということがある。ところが自サイトのバナーを使ってリンクされた時に、SEOの効果が無いものもあるのである。リンクされるのだから相手次第だが、せめて相互リンクの時には書式をリクエストして、きっちり効果のあるSEOをやっておきたいものだ。

リンク元の4つの書式

 まず、サンプルの書式を見ていただこう。説明すると次のとおり。

  1. 画像リンク:alt属性(代替テキスト)なし
  2. 画像リンク:alt属性に「マーケジン」
  3. テキストリンク:「マーケジン」
  4. テキストリンク:「MarkeZine」

 これらはいずれも、リンク元のリンク書式である。検索されたい自ページのことではないことに注意して欲しい。SEOとして、リンク元ではどのようなリンク書式が有効であるのか、それを解説する。

グーグルの順位アップ

 さて、上記例では、グーグルでは、「マーケジン」というキーワード検索の時に、SEOとして有効な順番は、

1 = 4 < 2 < 3

 となる。3が最も有効だというのが私の仮説だ。

 1と4は、「マーケジン」というキーワードとは無関係なリンクであり、そのため価値が低い(というか、ほぼゼロである)。また画像のalt属性(代替テキスト)よりも、純粋なテキストの方が価値は高い。

 ということで、一にも二にもリンクは、キーワードを含めたテキスト、バナーなどの画像を使われた場合も、かならずalt属性にキーワードを含めてもらうことが重要なのである。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5