SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

3Dテレビ「いずれはほしい」5割
映画「アバター」と「アリス」の影響大

 UCC上島珈琲が6月に実施した調査では、20~49歳のビジネスマン500名のうち、7割以上の人が「地上波デジタル対応のテレビ」を所有しており、地デジへの準備は万端のようだ。しかし、「新しいテレビがほしい」と答えた人も58%となっており、この夏にテレビの買い換えを行う人はまだまだ多そうだ。

 「3D元年」といわれる今年、各メーカーが3D映像が楽しめる家庭用テレビを発売しているが、「3Dテレビをすぐにでもほしい」と答えた人は4%にとどまった。しかし、「いずれはほしい」と答えた人は50%に達している。

 今すぐではなく「いずれはほしい」とした理由としては、「めがねが不要になったら買う」「コンテンツが充実してきたら考える」「もう少し安くなれば買いたい」という意見が多かった。ちなみに、デジタル3D映画「アバター」と「アリス・イン・ワンダーランド」を映画館で観たという人の6割が、「自宅でも3Dで映画を観てみたいと思った」と回答している。

【関連記事】
世界初3Dライブ中継、阪神vsヤクルト戦で
3Dテレビ、7割が「購入予定なし」
任天堂が「ニンテンドー3DS」を初公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/07/06 13:21 https://markezine.jp/article/detail/10847

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング