SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「SNS利用頻度は参加時期に関係が」日経リサーチ、SNSのアクセス・更新頻度に関する調査発表

 2007年1月時点に日本最大のSNSである『mixi』のユーザー登録が800万人を超えるなど、SNSのユーザ急増しているが、そのような中、日経リサーチが4月20日にSNSのアクセス・更新頻度に関する調査結果を発表した。この調査で、SNSのアクセス・更新頻度について参加時期別に調べたところ、いずれも初期登録者の利用が高く、参加開始時期が遅れるにつれ、利用頻度が低く、積極的な利用者が少ないことがわかった。調査は07年3月15日~3月20日の期間に実施され、16~69歳の男女5,312人から有効回答を得た。

 07年3月にSNS参加者に対し、「直近(1カ月)のSNSのアクセス頻度」について質問したところ、全体では、約半数(48.2%)が「週に5~7回」アクセスしており、週に1回以上のアクセスは7割を超える(74.6%)。これを参加した時期別にみると、04年からの参加者の65.7%は「週5~7回」アクセスしている一方で、07年以降の参加者は44.3%と、参加開始時期が遅れるにつれ、利用頻度が低くなっている。

 また、SNSに直近(1カ月)でアクセスした利用者に対する「直近(1カ月)の日記更新頻度」の質問では、全体では「週5~7回」は12.6%、週1回以上は39.1%であった。参加時期別に見ると、最も頻度が高いのは、アクセス同様に04年以前からの参加者で21.0%が「週5~7回」更新と、05年以降の登録者と比べて高頻度に更新しているユーザが多かった。

関連サイト:日経リサーチ ホームページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 17:45 https://markezine.jp/article/detail/1101

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング