SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ブランド・ジャパン2007」で、Googleがトヨタに続いて堂々の2位、ヤフーは28位

 日経BPコンサルティングは、日本最大規模のブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2007」の結果をまとめ、4月20日に発表した。

 一般の消費者とビジネスパーソンへのアンケート調査から延べ1,500ブランドを並列に評価した「ブランド・ジャパン2007」は今回で7回目。調査には「BtoC編」と「BtoB編」の2つがあり、両方で1位となったトヨタ自動車が、はじめてブランド総合力首位を獲得している。

 そのトヨタにBtoC編で迫ったのが、なんとGoogle。前回15位だったGoogleは、82.7ポイントのトヨタ自動車に続いて、82.4ポイントという僅差で2位となった。トップ5は、3位「パナソニック」、4位「キヤノン」、5位「ソニー」という顔ぶれ。Googleは、ブランド力を構成する4因子のうち、これまでも評価の高かった「イノベーティブ(革新性)」のさらなる強化と、「他にはない魅力」や「際立った個性」といったブランドの差別性を示す「アウトスタンディング(卓越性)」のポイントが大幅に伸びた結果の大躍進。吉田健一日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクト・リーダーは、「Googleが、ブランドとしての“本物感”を持ち始めた」と高く評価している。一方、Yahoo!は72.6ポイントで前回の6位から28位と大幅に順位を落としている。

プレスリリース:「日経BPコンサルティング調べ――「ブランド・ジャパン2007」の結果を本日リリース――Google,任天堂,サントリーなどが上位へBtoB編で4年連続首位のトヨタ自動車はBtoCでも初首位」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 17:44 https://markezine.jp/article/detail/1107

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング