SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

目指せ、優勝賞金30万!
「大学生のためのスマートフォン×マーケティングコンテストapplim」のキックオフイベントが開催

 applimは、大学生が参加するマーケティングコンテストを主催する学生団体。2010年4月初旬に発足し、東京大学、東京工業大学、横浜国立大学、千葉大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、中央大学、青山学院大学といった大学の学生たちで構成されている。

 ソーシャルメディアの台頭、スマートフォンの普及といった背景からマーケティング業界に新たな波が訪れている中、applimは「新しいマーケティング手法に触れ、自らマーケティング手法を作る」というコンセプトの元、2010年7月に「大学生のためのスマートフォン×マーケティングコンテストapplim」を実施。参加学生、関係者から多くの支持を得て、2回目の開催にいたったという。

 審査員には、ブレークスルーパートナーズ株式会社 赤羽雄二 氏、日本コカ・コーラ株式会社 江端浩人 氏、株式会社電通 中村洋基 氏、株式会社ADKインタラクティブ 横山隆治 氏といったメンバーが名を連ねる。また、協賛企業には、電通、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、サイバーエージェントといった広告業界を牽引する企業が参画している。

 9月26日(日)に行われたキックオフイベントでは、総勢132チーム、約500名の学生が参加。優勝賞金30万円を筆頭に賞金総額100万円の各賞獲得を目指し、マーケティングでの活用を目的としたスマートフォンアプリの企画を約1か月間で練っていく。

会場には参加者、関係者を含め500名以上が集まった
会場には参加者、関係者を含め500名以上が集まった

 今後のスケジュールは次の通りだ。

  • 10/16(土) 予選にあフィードバックイベントを開催
  • 11/3(水) 予選を通過し決勝に進んだ5チームがプレゼンを行う、決勝レセプションを開催

 なお、26日に開催されたキックオフイベントの模様はUstream上でも閲覧可能だ。また、決勝レセプションは一般人でも参加可能となり、キックオフイベント同様、Ustream上でも中継、アーカイブする予定となっている。

【関連記事】
mixiアプリ、スマートフォン版も提供開始
2015年にはグーグルとアップルの2強で 国内スマートフォンOSシェア8割
DAC、広告配信プラットフォームをスマートフォン対応に
御社の戦略はスマートフォンにマッチしてますか? IMJが「スマートデバイス・マッチングスコア」を独自開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/09/29 21:35 https://markezine.jp/article/detail/11871

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング