SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯への登録数75人、ツイッターでのフォロー数15人
20代のコミュニティ処世術【NTTアド調査】

 NTTアドは8月に、首都圏在住の20代男女300名および30~50代男女300名、計600名を対象にアンケートを実施し、比較分析を行った。「携帯電話アドレス帳に登録している人数」は、20代で平均74.8人、30代以上で平均51.6人。いずれのカテゴリーとも、20代の「知り合い」の人数が上回っている。

以下のような「知り合い」が、それぞれ何人くらいいるか(平均人数)

 交友関係に関する意識として、20代に顕著なのは「状況や相手に応じてキャラクターを使い分ける」「できるだけ長くつきあう」「同世代の人とのつながりを大切にしている」で、20代はキャクターを使い分けながら、交友関係を長期にわたって保とうと考える傾向が見られた。

 コミュニティ参加率は、20代で33.6%、30代以上で26.6%となり、20代のコミュニティ参加率がやや高くなっている。参加コミュニティの数は、いずれの世代とも「1つだけ」または「2~3」の比率が高くなってる。最も多くのコミュニティに参加しているのは20代男性で、「11~15」をかけもちしているという回答が1件みられた。

 日常生活における関心領域は、20代、30代以上ともに「事件、事故のない安全な環境で生活する」「健康によい食生活や規則正しい生活をする」で、いずれも約8割に達している。一方、20代と30代以上のポイント差が大きいのは、「多くの人と出会ったり、多くの人から愛される」「尊敬されたり、社会的な名声を得る」「創造的な活動をしたり、自分の目標を達成する」で、20代は多くの人とのつながりや他者からの承認を求める傾向が強くなっている。

 こうした傾向について、調査レポートでは、20代は多感な年頃に、バブル経済崩壊や阪神・淡路大震災など、経済的・社会的事件の影響を受けてきた世代であることから、多様な人たちと広く長く多面的につながることで、自己実現に向けての達成意欲を高めようとしているのかもしれないと分析している。

【関連記事】
携帯電話で十分、20代に多い「スマートフォン不要論」
“現役20代”と“元20代”の最大の違いは「酒・タバコはやらない」
「ついっぷるフレンズ」、ツイッターでの“片思い・片思われ”管理機能も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/10/19 12:15 https://markezine.jp/article/detail/12104

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング