SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第100号(2024年4月号)
特集「24社に聞く、経営構想におけるマーケティング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

データ分析を武器に変える!ライフ&ビーナス社マーケティング部の軌跡

【ケーススタディ】ライフ&ビーナス社マーケティング部の軌跡
第1話「眠るデータを生きたデータに」


顧客を知るための「分析」環境

 ライフ&ビーナス社を例にとって考えてみましょう。

 ライフ&ビーナス社では今まで、事業部門や販売チャネルごとに顧客データベースや売上情報がバラバラに管理されていました。この状態では健康食品と化粧品事業部両方で購入履歴がある「Aさん」がいたとしても気付くことができません。また、Aさんがどのような商品を好み、どのような販促キャンペーンをきっかけに購入する傾向が高いか、次はいつごろ購入することが予測されるかといったことも、データを漫然と見ているだけでは知ることはできません。これではライフ&ビーナス社の優良顧客になり得る顧客の囲い込みチャンスを、みすみす逃してしまう事にもなりかねません。

 今回、ライフ&ビーナス社では統合顧客データベースを構築し、さらにデータマイニングなど高度な分析が行える分析環境を整備しました。これにより「30代女性で過去に3回以上、化粧品を購入したことがある」顧客グループに絞ると、購入確率は70%と非常に高くなることが分かりました。さらに、平均購入金額が他の顧客グループに比べ高いことも分かったのです。

 ライフ&ビーナス社のマーケティング担当者も、経験から化粧品と美容液の併売は想像できていましたが、年齢などの顧客属性やリピート回数、購入金額との相関関係までは分析しきれていませんでした。こうした複数の項目間の相関関係を、人手による分析で行うには限界があります。データマイニング・ツールなどを活用し、仮説・検証のサイクルを継続的に続けていきながら「分析力」を高めていくことが必要不可欠です。

情報がバラバラに管理されている状態では、顧客の一端しかみえない
情報がバラバラに管理されている状態では、顧客の一端しかみえない
情報を一元管理することで、顧客と自社がどのように関わり合っているかが見えてくる
情報を一元管理することで、顧客と自社がどのように関わり合っているかが見えてくる

 ライフ&ビーナス社では、分析の結果、高い効果が期待できる顧客グループだけにターゲットを絞った、ダイレクトメール・キャンペーンの実施が可能になりました。データベースの統合と分析環境の整備により、眠っていたデータから、生きたデータが手に入ったのです。

 過去のキャンペーンの成果、さらに売上や顧客の属性情報など社内に散在するあらゆるデータから最適なターゲットと施策の組合せを見つけ、どれだけの効果が期待できるかを予測し、その上で最適なリソースの配分を決定していくのが、本来のデータ分析を活用したマーケティングです。そのためにも、社内に分散しているさまざまなデータを統合したデータベースを構築して分析環境を整備することが、最初の重要な課題になってきます。

 大場部長はデータ分析をもとに、ターゲット層を限定してキャンペーンを打つことにしました。反応はどうなるのでしょうか。結果は果たして……。

次のページ
キャンペーンの結果は、果たして・・・

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データ分析を武器に変える!ライフ&ビーナス社マーケティング部の軌跡連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

ad-manga.com(アドマンガドットコム)

マンガを活用して効果的な広告・宣伝物をはじめとする各種ツールを企画制作し、世に送り出す株式会社トレンド・プロのサービス。www.ad-manga.com

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

桓田 楠末(カンダ ナマ)

楽しんで読んでいただけるよう尽力していきます。きょろきょろしながら読んでみてください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/18 15:54 https://markezine.jp/article/detail/12138

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング