MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アップルと電通グループ、日本で「iAd」を展開

2010/11/11 10:35

 アップルは今年4月の「iOS 4」発表時に、モバイル広告プラットフォーム「iAd」を発表。7月から米国で運用を開始した。「iAd」は、アプリ広告をクリックしても、アプリから離脱することなく利用できる点が特徴。ユーザーは、ビデオを見たりゲームをしながら、広告内の商品購入、アプリケーションのダウンロード、iTunesのコンテンツ購入が可能になる。

 電通は「iAd」の日本における広告販売と広告制作を担当し、アップルはiPhoneとiPod touchのユーザーに向けた「iAd」の配信業務を行う。また、電通子会社のサイバー・コミュニケーションズ(cci)は、広告制作進行とメディアプランニングを含む、日本におけるワンストップサービスを提供する。

 また、iAdネットワークに参加するアプリ開発者は、広告をアプリに取り入れ、iAdネットワーク収入の60%をiTunes Connectを経由して受け取ることができる。

【関連記事】
アップル、モバイルアドネットワーク「iAd」の運用を7月スタート
アップルがモバイル広告プラットフォーム「iAd」発表
電通と平凡社、「うつくしいくらしかた研究所」発足 iPad/iPhone向けに「暦アプリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5