SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SAS、ソーシャルメディアの分析ソリューション「SAS Social Media Analytics」を発表

 SAS Institute Japanは18日、ソーシャルメディア上の顧客の声を分析・活用するためのソリューション「SAS Social Media Analytics」の国内提供を開始すると発表した。

 「SAS Social Media Analytics」は、TwitterやFacebook、YouTube、Blogなどにおける、自社の製品やブランドに対する顧客の声を収集・統合・分析し、それに基づいた意思決定を可能にするソリューション。ポジティブ/ネガティブの分析やインフルエンサーの特定、CRMなどのマーケティングシステムとの連携といった機能を備え、顧客ニーズやトレンドの把握を支援する。既に米国では提供を開始しており、国内でも10月から携帯キャリアが試験的に利用を開始している。

収集したテキスト情報は、ブランド・テーマなどの観点で分類され、ポジティブ/ネガティブ分析が可能。
メディアごとでの傾向など、ドリルダウンして詳細に分析することもできる
収集したテキスト情報は、ブランド・テーマなどの観点で分類。分類ごとに話題・ポジティブ/ネガティブ判定分析される。メディアごとでの傾向など、ドリルダウンして詳細に分析することもできる
分類方法は独自のカスタマイズが可能
分類方法は独自のカスタマイズが可能
アーカイブしたデータは2年間保管され、さかのぼってトレンドを分析することもできる
アーカイブしたデータは2年間保管され、さかのぼってトレンドを分析することもできる
キャンペーン実施時などにTwitterでのコメントをリアルタイムでモニタリングすることも可能
キャンペーン実施時などにTwitterでのコメントをリアルタイムでモニタリングすることも可能
影響力の強いインフルエンサーの特定や、自社キーワードと一緒にコメントされるフレーズの傾向を把握することもできる
他のユーザーに対して影響力の強いインフルエンサーの特定や、自社キーワードと一緒にコメントされるフレーズの傾向を把握することもできる

 業態などによってカスタマイズが必要なため導入には標準で10週間程度の期間を要する。モニタリングするブランド数によって価格は変動するが、目安としては初期導入費が500万円から、利用料金が月額100万円からとなっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング