MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SAS、ソーシャルメディアの分析ソリューション「SAS Social Media Analytics」を発表

2010/11/18 20:45

 SAS Institute Japanは18日、ソーシャルメディア上の顧客の声を分析・活用するためのソリューション「SAS Social Media Analytics」の国内提供を開始すると発表した。

 「SAS Social Media Analytics」は、TwitterやFacebook、YouTube、Blogなどにおける、自社の製品やブランドに対する顧客の声を収集・統合・分析し、それに基づいた意思決定を可能にするソリューション。ポジティブ/ネガティブの分析やインフルエンサーの特定、CRMなどのマーケティングシステムとの連携といった機能を備え、顧客ニーズやトレンドの把握を支援する。既に米国では提供を開始しており、国内でも10月から携帯キャリアが試験的に利用を開始している。

収集したテキスト情報は、ブランド・テーマなどの観点で分類され、ポジティブ/ネガティブ分析が可能。
メディアごとでの傾向など、ドリルダウンして詳細に分析することもできる
収集したテキスト情報は、ブランド・テーマなどの観点で分類。分類ごとに話題・ポジティブ/ネガティブ判定分析される。メディアごとでの傾向など、ドリルダウンして詳細に分析することもできる
分類方法は独自のカスタマイズが可能
分類方法は独自のカスタマイズが可能
アーカイブしたデータは2年間保管され、さかのぼってトレンドを分析することもできる
アーカイブしたデータは2年間保管され、さかのぼってトレンドを分析することもできる
キャンペーン実施時などにTwitterでのコメントをリアルタイムでモニタリングすることも可能
キャンペーン実施時などにTwitterでのコメントをリアルタイムでモニタリングすることも可能
影響力の強いインフルエンサーの特定や、自社キーワードと一緒にコメントされるフレーズの傾向を把握することもできる
他のユーザーに対して影響力の強いインフルエンサーの特定や、自社キーワードと一緒にコメントされるフレーズの傾向を把握することもできる

 業態などによってカスタマイズが必要なため導入には標準で10週間程度の期間を要する。モニタリングするブランド数によって価格は変動するが、目安としては初期導入費が500万円から、利用料金が月額100万円からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5