SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

iTunes Storeで、P. マッカートニー・宇多田ヒカルらの高音質楽曲データをDRMフリーで提供

 米アップルは5月30日、DRMフリーのミュージックトラック「iTunes Plus(アイチューンズプラス)」の提供開始を発表。日本のアップルも31日に同様の発表を行った。価格は1曲1.29ドル(日本では200円もしくは270円)。オリジナル音源とほとんど区別がつかない高品質の256 kbps AACエンコーディングによる提供となる。

 「iTunes Plus」として最初に提供されるのは、レコード会社大手としてはじめてDRMフリーでの音楽配信を認めたEMIの音源で、コールドプレイ、ザ・ローリングストーンズ、ノラ・ジョーンズ、フランク・シナトラ、ジョス・ストーン、ピンク・フロイド、ジョン・コルトレーンのシングルおよびアルバムが含まれるほか、数十ものポール・マッカートニーのアルバムがiTunes Sotreに初お目見えする。日本でも、宇多田ヒカルのシングル「Kiss & Cry」をはじめとする東芝EMIの楽曲を「iTunes Plus」で提供していく。

 現在、iTunes Storeで扱っている楽曲データについては、これまで同様DRM付きのまま、「iTunes Plus」よりもやや音質が劣る128 kbps AACエンコーディングで、1曲99セント(日本では150円もしくは200円)での提供となるが、DRMフリーでの配信を認めるレコード会社が現れれば、iTunes Plusバージョンでの提供も増えていきそうだ。また、すでにEMIのコンテンツを購入した人は、有料でiTunes Plusのトラックにアップグレードすることができる。

プレスリリース:「アップル、iTunes Plusを発表」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 18:22 https://markezine.jp/article/detail/1269

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング