SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

若年層が利用するモバイルECサイト三強は
楽天・アマゾン・Yahoo!

 medibaは、11月初旬に調査を行い、全国の15~24歳の男女1395人から回答を得た。近年の不況で財布のひもが堅くなっているといわれる若年層だが、過去半年間にモバイルECサイトで商品を購入したことがある人は約4割、利用経験者は半数を超えている。

 男女別では女性のほうが購入経験率が高く、男女ともに年齢が高いほど購入経験率も高くなっている。職業別では「会社員・公務員」が5.2回と最も平均買い物回数が高く、最も少ないのが「専門・短大・大学(院)生」の3.9回。

 買い物経験のあるモバイルECサイトでは、「楽天市場」が59.9%でトップ。続いて、「Amazon.co.jp」(54.9%)、「Yahoo!ショッピング」(30.3%)、「ニッセン」(21.9%)、「セブンイレブンネット」(15.5%)となっている。サイトの認知経路で最も多いのは「携帯インターネット検索」だ。

 決済方法では、「代金引換」の利用が66.3%と最も高く、学生では「コンビニ決済(振込)」の割合が他の職業と比べて高くなっている。また、過去半年間に購入した商品の中で最も値段が高かった商品(決済)の金額を聞いたところ、平均額は8840円となった。

【関連記事】
ヤフーとスタートトゥデイ、ファッションEC強化で4事業展開
Flashが可能にする表現力、モバイル向けレコメンド機能付きサイト自動生成サービス
共同購入型クーポン認知率、人気は「グルメ」に集中

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/01 12:51 https://markezine.jp/article/detail/12701

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング