SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Yahoo!ショッピング」と「Yahoo!オークション」で
1日の取扱高が過去最高の約51億円

 12月の第2日曜日は「ボーナスサンデー」といわれ、インターネット、リアルを問わず、小売業のピークを迎える時期にあたる。この日に合わせてポイントキャンペーンなどを実施したこともあり、「Yahoo!ショッピング」単体で前年同期比140%以上の売り上げを記録。「Yahoo!オークション」と合わせると約51億円に達し、過去最高の取扱高を記録した。

 今回の好調な売上は、モバイルからの購入が爆発的に伸びたことも追い風となっており、取扱高は前年比600%以上に拡大。「Yahoo!ショッピング」全体としては客単価は前年割れしたが、注文数と購入者数が増加し、取扱高は前年比約120%となった。

 売れ筋商品としては、ワケあり、業務用商品のまとめ買い、低価格ファッションなど、“節約”をテーマとした商品が数多く売れたほか、水や洗剤、キッチン製品(ルクエ・スチームケース、タジン鍋など)などの家庭で利用する商品の売上が好調だった。

 一方、「Yahoo!オークション」でも客単価は下落傾向にあるが、出品無料キャンペーンや
バーゲンセールなどで集客。自動車車体の出品無料化を行った期間では、通常の6倍以上の出品があった。また、女性アクセサリーの取引も活発化している。

【関連記事】
ヤフー、来年2月に新たな製品データベースを構築
ヤフーとスタートトゥデイ、ファッションEC強化で4事業展開
女性誌購読者、ネット利用時間は少ないが、ネットショッピング利用金額は非購読者を上回る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング