SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生が不安に思うこと1位は「大学受験」より「就職」
“ゆとり世代”と呼ばれることに嫌悪感

 電通総研は、10代から20代の若者を取り巻く環境や問題に迫る「若者問題研究所(略称:電通ワカモン)」を立ち上げ、プロジェクトの第一弾として、高校生を対象としたアンケート調査を実施した。調査は今年9月に、全国の高校生男女600名を対象に行われた。

 高校生に「日本の将来についてどう思うか」をたずねたところ、全体の86%がなんらかの不安を感じており、「明るい」という回答は3%にとどまった。その不安要素として最も多かったのは「将来の就職」で80%に達しているのに対して、高校生にとって目の前の不安である「大学受験」は69%にとどまっている。

 現在の高校生(1992~1995年生まれ)は、小学校の頃からゆとり教育を受けて育った世代。しかし、多くの高校生が「ゆとり世代といわれるのは嫌だ」(77%) と考えており、その理由としては「馬鹿にされているみたいだから」「将来を考えると不安」が多数を占めている。

 また、高校生の「場の空気に合わせてふるまう」率は96%と、「空気を読む」のはもはや常識となっている。ふだんの自分のキャラクターとして、3人に1人が「普通」であることを意識しながらも、「その場に合うキャラを意識することがある」と83%が答えている。

【関連記事】
「寝る直前まで携帯」高校生の9割
大学生の9割がmixiを利用、ツイッター利用は2割強
「はてなランド」サービス終了、2週間で終わった小中学生向けSNS

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/16 12:07 https://markezine.jp/article/detail/12875

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング