SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

集合知メディア、認知から購入までのあらゆる段階で影響力

 サイバー・コミュニケーションズは昨年12月に、ソーシャルメディアの利用が、購買行動に与える影響度についての調査を行った。クロスマーケティングを通じて行われた調査では、20~49歳の男女、計1100名から回答を得た。

 最近1か月間にデジタル機器を購入した20~49歳の男女300人を対象にした調査では、商品を購入した人のうち53.6%が購入にいたるまでに「価格.com」と接触。購入の決め手となるページは「レビュー」「価格」で、情報の信憑性については93.8%という高い支持があった。

デジタル機器購買者の購買意思決定
広告メディアのみで比較すると、比較サイトは圧倒的な影響力を保持している

 最近3か月間に新商品の化粧品を購入した女性300人を対象にした調査では、商品を購入した人のうち23.6%が「@cosme」に接触していることがわかった。 購入の決め手となるページは「レビュー」「ランキング」で、情報の信憑性についてはこちらも94.1%と高くなっている。

化粧品購買者の購入意思決定
広告メディアのみで比較すると、テレビCMに続いてクチコミサイトを影響を与えている

 また、1週間に1回以上料理サイトを見ている20~49歳の女性500人を対象にした調査では、料理サイトを利用する約9割の女性が「クックパッド」を利用しており、クックパッドで紹介されているレシピを見て、食材や料理器具の購入意向が高まる傾向があ。

料理サイト利用者の参考情報
料理サイトは、料理本、雑誌、テレビ番組よりも重要な情報源となっている

 今回の調査では、生活者の購買決定において集合知メディアは認知、興味喚起、比較・検討、購入の決め手、情報の共有といったすべての意識段階において、従来の広告メディアと比較して影響を与えており、その傾向は特にデジタル購入時では大きくなっている。また、生活者は目的に応じてソーシャルメディアを活発に利用し、認知から購買行動の最終地点に近いところまで集合知メディアの内容を確認し購買の意思決定を行う傾向にあることが明らかになった。

【関連記事】
価格.comで、消費者が購入前に比較する製品がわかる「競合分析」
楽天レシピの会員数、男性が女性を上回る
グリー、「@cosme」のアイスタイルと資本提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/01/18 11:51 https://markezine.jp/article/detail/13173

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング