SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドビ、自動レコメンドを可能にする「Adobe Recommendations」を日本市場で提供

 アドビ システムズは22日、Adobe Online Marketing Suiteの1アプリケーションとして「Adobe Recommendations」を日本市場向けに提供を開始した。

 「Adobe Recommendations, powered by Omniture」は、商品やコンテンツのレコメンドの自動化を実現するだけでなく、カスタマイズ性にも優れ、自己学習アルゴリズムによって、レコメンドを改良することができる。マーケターは、事前に組み込まれた40種類以上の人気度/アフィニティアルゴリズムから選択し、パラメーターをカスタマイズすることで、成果やレコメンドの表示方法・表示場所を管理することができる。

 また、ウェブサイト、モバイル、電子メールなど、あらゆるチャネルで、レコメンドするコンテンツのA/B テストや多変量テストを実行したり、動的コンテンツのターゲティングや、リアルタイムでの最適化とレポーティング、効果測定が可能となっている。

 同製品の日本市場への投入に際し来日したアドビ システムズ社 コンバージョンプロダクトマーケティング担当ディレクターのケビン・リンゼイ氏は、「オンライン上のカスタマーに、より響く体験を提供していく際にレコメンデーションは有効だ。今までビジネスを進める中で蓄積してきたあらゆるデータを活用し、適切な商品・サービスをカスタマーへ提供していくことが大切だ」と指摘した。

アドビ システム社
コンバージョンプロダクトマーケティング担当ディレクター ケビン・リンゼイ氏
アドビ システム社 コンバージョンプロダクトマーケティング担当ディレクター ケビン・リンゼイ氏

 また、アドビ システムズ 株式会社 オムニチュア事業本部本部長の尾辻マーカス氏も「コンバージョン率を上げるためのキーワードは関連性と効率性」として、関連性のあるコンテンツを効率的に見せることで、各顧客との関係強化を図る必要性を説いた。

アドビ システムズ 株式会社
オムニチュア事業本部 本部長 尾辻マーカス氏
アドビ システムズ 株式会社 オムニチュア事業本部 本部長 尾辻マーカス氏

 なお、2010年度に売上高38億米ドル(前年度比29%増)を達成したアドビ システムズ社は、2011年度第1四半期の売上目標を、10億米ドルから10億5000米ドルに設定。ソフトウェアによる、よりよいデジタル体験の創造に加え、解析および配信の分野でも存在感を示していくことで、さらなる成長を目指す。

2011年度の事業戦略については、
アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長 クレイグ ティーゲル氏から語られた
2011年度の事業戦略については、アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長 クレイグ ティーゲル氏から語られた

【関連記事】
エイケア、開封率7割のレシートメールでのレコメンドに成果測定機能
アクティブコア、URLから関係性を判別して関連コンテンツをレコメンド
アドビがDemdexを買収、オーディエンス最適化技術を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/19 11:28 https://markezine.jp/article/detail/13416

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング