SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂生活総研、みんなの声をもとにデザインした
「新・母子健康手帳」完成、モニター自治体を募集中

 日本の育児環境が変化し、新たな社会課題が浮上する中、博報堂生活総合研究所は、これらの課題解決の一助として、すべてのお母さんに配布される母子健康手帳を新たに作り直すプロジェクトを昨年8月からスタート。インターネットやソーシャルメディアを通じて全国から寄せられた声、医療関係者、お父さんお母さんへのインタビュー、国内外のケーススタディを通じて得られた発見やアイデアをベースに、「新・母子健康手帳(通称: 親子健康手帳)」が完成した。

「新・母子健康手帳」では、お母さんと一緒にお父さんも
育児に参加したくなる工夫がほどこされている

 新・母子健康手帳では、子どもの医療や薬の利用履歴を成人まで残す「健康カルテ」や、充実した予防接種ページ、平易なキーワード解説、オリジナル記念日カレンダーのほか、育児に参加するお父さん向けの情報や機能も備えている。

 この新・母子健康手帳は4月から、島根県海士町、栃木県茂木町で利用を開始しており、同研究所では現在、手帖の使い勝手を検証するモニター自治体を募集している。今後は新たな検討ポイントを考慮し、2012年に予定されている厚生労働省省令様式の変更に合わせて改良を重ね、普及を目指す。

【関連記事】
子育て・介護などの行政サービスを検索・活用する「OpenUMプロジェクト」
現役パパを上回る、未婚男性の「子育て意欲」
博報堂DYmp、赤ちゃんの成長記録をつけて共有する携帯サービス「モバ育」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/04/06 15:30 https://markezine.jp/article/detail/13606

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング