SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

就活生、ソーシャルメディアで「企業の眼を意識」

 マクロミルは、3月上旬に就職活動中の大学3年生と大学院1年生を対象に調査を行い、300名から有効回答を得た。就職活動にソーシャルメディアを活用している人は38%で、「今は活用していないが、今後活用したい」という人は19%。

 ソーシャルメディアを活用している理由としては、「他人の状況が気になる」「最新の情報がある」がともに半数を超えており、「同業界を志望する学生と知り合える」が42%。「建前ではない会社の実情がわかる」が35%となった。

 また、ソーシャルメディアを利用する時の意識についてたずねたところ、ツイッターやミクシィ、フェイスブックなどのSNSで自己プロフィールの公開や発言をする際に「企業が見ているかもしれないと意識する」と回答した人は57%に達している。 

 就職活動で役立つ情報機器では、「パソコン」を“役立つ(とても役立つ+まあ役立つ)”と回答した人が99%。“とても役立つ”ものとして「スマートフォン」と回答した人は41%で、「携帯電話」の12%より高い結果となった。

 また、情報ツールにおいては「就職支援サイト」47%、「大学の就職部の情報」34%、「新聞」31%が“とても役立つ”と回答。また、「就活マニュアル・対策本」を“とても役立つ”と回答した人が28%となり、「就職情報誌」「一般書籍(会社四季報など)」を上回る結果となった。

【関連記事】
「スマートフォンは就職活動に有利」就活生の67%
就活中でもアルバイトはやめられない【大学生のライフスタイル調査】
「radiko」「ゆれくるコール」などアプリ30本が勢ぞろい、「スマートフォンアプリ大賞」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/04/11 11:20 https://markezine.jp/article/detail/13628

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング