SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

共同購入型クーポンのためにソーシャルメディアを使ったことがある、パソコン版では16%、携帯版では10%

 medibaは2月中旬、同社の保有会員である20~59歳の男女にモバイルリサーチを行い、1600人から有効回答を得た。medibaは昨年10月に行った調査と比較しながら、「共同購入型クーポン」の利用動向を分析している。

 共同購入型クーポンは携帯版とパソコン版ともに、認知率、登録率、購入率がアップしており、前回調査から4か月でサービス普及している様子がうかがえる。また、携帯版・パソコン版ともに「GROUPON」「ポンパレ」の登録率が高くなっており、他サービスを引き離して2強の状態となっている。

携帯版・登録している共同購入型クーポン
パソコン版・登録している共同購入型クーポン

 利用意向ジャンルでは、共同購入型クーポン未登録者かつ利用意向保有者ベースで見ると、携帯版・パソコン版ともに「芸術鑑賞・スポーツ観戦」の項目で利用意向が伸びており、携帯版では「グルメ」「レジャー施設」の項目で利用意向が増加している。また、共同購入型クーポン購入者ベースで見ると、パソコン版では「物品・製品」「美容・エステ・スパ」「高級グルメ」「整体・指圧などのマッサージ」で購入した割合が伸びており、携帯版では「美容・エステ・スパ」で割合が伸びている。

 共同購入型クーポン購入者を対象に、この仕組みを成立させるためにソーシャルメディアを活用したことがあるかをたずねたところ、パソコン版では16%、携帯版では10%が活用したことがあると回答している。

【関連記事】
マクドナルド、Androidおサイフケータイ端末に「かざすクーポン」提供
「GROUPON」と「ポンパレ」の二強体制続く
ファミリーマート、クーポン発券サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/04/11 12:40 https://markezine.jp/article/detail/13631

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング