SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

“こんな時代、だからこそ”、雑誌「WIRED」日本版6月に復活

 テクノロジーと科学と文化を独自の観点で切り取ってきた米国の雑誌「WIRED」は、日本でも1994年から1998年にかけて出版され、その紙面デザインとともに話題を集めた。コンデナスト・ジャパンが出版する雑誌「GQ」のサイト「GQ JAPAN」では、新たに日本語版「WIRED」が出版されるとの告知が掲載された。

 「あなたが選ぶ WIRED大学 新・教養学部必読書50」と題されたページには、編集長の長崎義紹氏の「岐路に立つ現代日本。こんな時代、だからこそ人と社会とテクノロジーの新たな関係性を築くための指標となるべく、『WIRED』の日本版を刊行します。」という言葉がかかげられている。

 同ページでは、第1号の出版に向けて、「WIRED」を形作ってきた本100冊をリストアップし、開かれた雑誌づくりを目指すため「未来に携えていくべき本」という観点から投票を呼びかけている。投票結果などをもとに、6月10日に刊行される『WIRED』第1号の特集企画「WIRED大学 新・教養学部 必読図書50」を決定し、人気ランキングなども誌面で公表する。

【関連記事】
ツイッター電子書籍を公開、スマホ向け電子書籍リーダーサービス「ツイパブ」
電子雑誌のファイル形式、IT職は「MOBI(Kindle)」 出版関係者は「EPUB」
イーブック、「のだめ」など講談社の7800タイトルをAndroid向けに提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/04/19 15:00 https://markezine.jp/article/detail/13679

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング