MarkeZine(マーケジン)

記事種別

バスキュールとミクシィ、ソーシャルグラフを活かした
マーケティングで新会社「バスキュール号」設立

2011/05/25 12:35

 バスキュールとミクシィが設立した新会社バスキュール号は、ソーシャルグラフ(友人・知人とのつながり)を活かしたマーケティングサービス、オリジナルメディアを開発・提供する。両社はこれまで、mixiアプリを使ったキャンペーンやクリスマス企画などを展開してきた実績がある。

 新会社では、ソーシャルサービスのノウハウとSNS「mixi」のソーシャルグラフをより深く融合させ、ソーシャルマーケティングサービスを拡大させるほか、オリジナルメディアの開発・提供、テレビ・ラジオなどのマスメディアとの連携をはじめとした新機軸のマーケティングサービスを提供する。

 バスキュール号の出資比率は、バスキュール66%、ミクシィ34%。代表取締役には、朴正義氏(バスキュール代表取締役)が就任する。

【関連記事】
バスキュール、上質なクチコミキャンペーンを提供する「キャッチボール」設立
サイバーエージェントとミクシィ、ソーシャルアプリ開発で合弁会社を設立
Ustream、フェイスブック用アプリの日本語版をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5