SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米国で最も読書に熱心な都市は「ケンブリッジ」
【米アマゾン調査】

 米アマゾンは、今年の1月1日から集計した、すべての書籍、雑誌、新聞の売上(印刷物と電子書籍「キンドル」形式を含む)をまとめて、最も読書に熱心な都市のランキングトップ20を発表した。このうち上位10都市は以下のとおり。

1位 ケンブリッジ(マサチューセッツ州)
2位 アレクサンドリア(ヴァージニア州)         
3位 バークレー(カリフォルニア州)
4位 アナーバー(ミシガン州)
5位 ボルダー(コロラド州)
6位 マイアミ(フロリダ州)
7位 ソルトレイクシティ(ユタ州) 
8位 ゲインズビル(フロリダ州)
9位 シアトル(ワシントン州) 
10位 アーリントン(バージニア州)

 これらの都市では読書傾向に違いが見られ、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学という2つの名門大学を擁するケンブリッジでは、最もノンフィクションの書籍の注文が多く、豊かな自然があるボルダーでは、料理、フード、ワインの書籍の注文が最も多くなっている。また、気候が読書に適しているのか、フロリダ州は、トップ20に最多の3都市がランクインしている。

【関連記事】
アジア全域で アマゾンの利用者比率は日本が突出
アマゾンがオンデマンド印刷サービス開始、常に「在庫あり」
本の持つソーシャル性に注目した電子書籍サービス「フォークン」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング