SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ら3社、ARで蝶を捕まえるスマホ向けソーシャルゲームを世界配信

 「iButterfly Plus(アイバタフライ プラス)」は、AR(拡張現実)機能によって、カメラ越しにエアタグとして現れる「ちょう」を、スマートフォンをかざしてコレクションするゲーム。ゲーム上で知り合ったユーザーを友達登録したり、フェイスブックやツイッターに捕まえた「ちょう」の情報を配信することもできる。

「iButterfly Plus」のゲーム画面、右は「ちょう」の捕獲画面

 iPhone版とAndroid版を展開し、基本プレイは無料。レアな「ちょう」を呼ぶための花の「タネ」などのアイテムは課金制(115円)。iPhone版は84の国・地域に、Android版は28の国・地域に配信される。「iButterfly Plus」は、企業のキャンペーンのプラットフォームとしても展開する予定。広告枠も設置し、キャンペーンや広告販売はD2Cが担当する。

【関連記事】
街に飛ぶ「ちょう」をiPhoneで捕まえてクーポンゲット!
スマホでダウンロードするアプリ、20代女性の6割が「ゲーム」
第10回「モバイル広告大賞」グランプリは、JR九州「今日の西郷どーん」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング