SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

目指すは、全クリエイティビティの情報プラットフォーム化
パテントビューロが求める「達人エンジニア」とは?

 今もけっこう楽しいけれど、もっと自分が活躍できる場所や仕事があるかもしれない。そんなふうに考えているあなたに、編集部が「運命の会社」候補を紹介します。今回は、知的資産に関する情報提供サービスを扱う、株式会社パテントビューロに行ってきました。

知的資産情報のプラットフォームベンチャー 「パテントビューロ」

 株式会社パテントビューロ(以下、パテントビューロ)は、知的資産に関する情報提供サービスを扱う企業だ。知的資産とは、企業内に存在する、技術やノウハウ、知的財産権、顧客履歴情報といった、企業の価値を創出する資源の総称である。現在は、とりわけ特許に関する膨大な量の情報をデータベース化し、それらをわかりやすく検索できる各種サイトを運営するほか、専門に特化した転職・求人サイトなども運営している。

 こういうと、とかく「お堅い」会社のように聞こえるかもしれない。しかし同社によれば、現在展開しているビジネスはあくまでも「かりそめの姿」であり、将来的には壮大なビジョンを構想しているという。その証拠に、同社が現在求人募集しているエンジニア職も、「達人エンジニア」「自然言語解析研究開発者」など、大変ユニークなものが多い。

左から、取締役副社長の白木陽次氏、代表取締役社長の永井歩氏、
システム開発マネージャーの三木隆史氏

 一体同社ではどんなビジネス構想を思い描いており、その実現のために今どのような人材を求めているのだろうか。同社 取締役副社長 白木陽次氏と、システム開発マネージャーの三木隆史氏に話を聞いた。(続きはキャリアジンでご覧ください)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング