SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DropboxとEvernote、国内の月間利用者数が50万人突破

 「Dropbox(ドロップボックス)」は米Dropbox社が運営するオンラインストレージサービス。一方の「Evernote(エバーノート)」は米Evernote社が運営するオンラインドキュメント管理サービス。いずれもインターネット(クラウド)の向こう側でデータを処理し、ユーザーがそれをネットワーク経由で利用するクラウドサービスだ。

 現在、両社とも堅調に利用者数を伸ばしており、5月時点の国内月間利用者数は、Dropboxが64万人、Evernoteが56万人。いずれも男性の占める割合が非常に高く、男女比はDropboxが85:15、Evernoteが86:14となっている。

Dropbox、Evernoteの国内利用者構成
(※2011年5月 家庭と職場のPCからのアクセス、ウェブサイトおよびWindows版アプリケーションの利用を含む)
※Mac OS 用アプリケーションならびにスマートフォン用アプリケーションは含まない。下図も同様。

 利用が広まっている背景にはスマートフォンの普及がある。下のグラフにもあるとおり、昨年はEvernoteがNTTドコモと、今年はDropboxがソフトバンクと提携を発表し、加入者へのサービスの拡充を表明している。

Dropbox、Evernoteの国内月間利用者数推移
 (家庭と職場のPCからのアクセス、ウェブサイトおよびWindows版アプリケーションの利用を含む)

※2011/06/29  ネットレイティングスの訂正リリースを受け、一部修正。

【関連記事】
Evernote、iモード公式アプリをリリース
Evernoteユーザー数、昨年1年間で200万人から600万人にジャンプアップ
アップル、無料のクラウドサービス「iCloud」発表
マイクロソフトとトヨタ、クラウドベースの自動車向け情報サービス構築へ
ドコモ、スマートフォンや携帯で利用できるクラウドサービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/29 14:10 https://markezine.jp/article/detail/13987

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング