MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DropboxとEvernote、国内の月間利用者数が50万人突破

2011/06/28 11:10

 「Dropbox(ドロップボックス)」は米Dropbox社が運営するオンラインストレージサービス。一方の「Evernote(エバーノート)」は米Evernote社が運営するオンラインドキュメント管理サービス。いずれもインターネット(クラウド)の向こう側でデータを処理し、ユーザーがそれをネットワーク経由で利用するクラウドサービスだ。

 現在、両社とも堅調に利用者数を伸ばしており、5月時点の国内月間利用者数は、Dropboxが64万人、Evernoteが56万人。いずれも男性の占める割合が非常に高く、男女比はDropboxが85:15、Evernoteが86:14となっている。

Dropbox、Evernoteの国内利用者構成
(※2011年5月 家庭と職場のPCからのアクセス、ウェブサイトおよびWindows版アプリケーションの利用を含む)
※Mac OS 用アプリケーションならびにスマートフォン用アプリケーションは含まない。下図も同様。

 利用が広まっている背景にはスマートフォンの普及がある。下のグラフにもあるとおり、昨年はEvernoteがNTTドコモと、今年はDropboxがソフトバンクと提携を発表し、加入者へのサービスの拡充を表明している。

Dropbox、Evernoteの国内月間利用者数推移
 (家庭と職場のPCからのアクセス、ウェブサイトおよびWindows版アプリケーションの利用を含む)

※2011/06/29  ネットレイティングスの訂正リリースを受け、一部修正。

【関連記事】
Evernote、iモード公式アプリをリリース
Evernoteユーザー数、昨年1年間で200万人から600万人にジャンプアップ
アップル、無料のクラウドサービス「iCloud」発表
マイクロソフトとトヨタ、クラウドベースの自動車向け情報サービス構築へ
ドコモ、スマートフォンや携帯で利用できるクラウドサービスを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5