SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、「+1」ボタンを日本でも提供

 「+1」ボタンは、「いい!」と思うウェブページに対してボタンをワンクリックするだけで、その評価を友人や知り合い、広く世界のユーザーと共有することができるシンプルなサービス。今回、日本語を含む43の言語で、「+1」ボタンが検索結果に表示されるようになった。

 「+1」ボタンのメリットは、検索結果に表示された情報が、自分以外のユーザーからどのように評価されているかを知ることができる点にある。「+1」された数が多ければ、多くのユーザーがその情報を支持していることがわかる。

 また、検索結果に表示されたあるウェブページに、そのユーザーの友人が「+1」 していると、それが検索結果にも表示され、友達がおすすめしている情報であることが一目でわかるしくみになっている。グーグルは、GmailのチャットリストやMyコンタクトグループなどの情報を活用してこの機能を実現している。

 今回の「+1」ボタンのリリースに合わせて、設置予定サイトは、はてなブックマークニュース、イザ!、時事ドットコム、スポニチアネックス、YOMIURI ONLINE、47NEWS、東急ハンズ、Amebaなどで「+1」ボタンが設置される予定となっている。

【関連記事】
グーグルの「+1」ボタンがサイトで導入可能に
グーグル、みんなの節電を支援する「Go節電プロジェクト」
グーグル、日本でもソーシャル検索をスタート
グーグル、キーワードなしの「画像で検索」サービス開始
ヤフーがツイッター社と提携、「リアルタイム検索」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/28 11:55 https://markezine.jp/article/detail/13989

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング