SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、“消費”を“応援”につなげる「エールマーケティング」を開発

 3月11日の東日本大震災を機に、消費や活感を見直す動きが加速しているとして、博報堂は「エールマーケティング」を開発した。このマーケティングモデルは、商品の購入やサービスに対価を払う“消費”そのものが、社会を応援することにつながるポイント(=エール性)を発見し、エール性を生活者に明示し、販売を促進するプランを設計。生活者が参加したり、情報を拡散しやすくする仕組みを開発する。

【関連記事】
震災後に見直そうと思った相手、「不適切な男女関係」「ネットでのバーチャルな友人」
震災後の電力不足で「ライフスタイルに変化」7割
大和ハウスとソニー、家電を擬人化しゲーム感覚で節電するシステム
事前連絡で8割の家庭が節電行動
KDDI、家庭での節電にポイント付与

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/07/26 10:45 https://markezine.jp/article/detail/14147

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング