MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂、“消費”を“応援”につなげる「エールマーケティング」を開発

2011/07/26 10:45

 3月11日の東日本大震災を機に、消費や活感を見直す動きが加速しているとして、博報堂は「エールマーケティング」を開発した。このマーケティングモデルは、商品の購入やサービスに対価を払う“消費”そのものが、社会を応援することにつながるポイント(=エール性)を発見し、エール性を生活者に明示し、販売を促進するプランを設計。生活者が参加したり、情報を拡散しやすくする仕組みを開発する。

【関連記事】
震災後に見直そうと思った相手、「不適切な男女関係」「ネットでのバーチャルな友人」
震災後の電力不足で「ライフスタイルに変化」7割
大和ハウスとソニー、家電を擬人化しゲーム感覚で節電するシステム
事前連絡で8割の家庭が節電行動
KDDI、家庭での節電にポイント付与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5