SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

統括編集長インタビュー

「ライブ配信を利用しないのはもったいない」
ニコニコ生放送の番組制作統括が語る企業のライブ配信活用の実態


 ネット上での動画視聴が当たり前となる中、企業のPR・マーケティングにおいても動画を利用していこうとする機運が高まっているが、実際の利用状況はどうなっているのだろうか。ニコニコ生放送の番組制作を統括する木村良輔氏へ最近の動向を聞いた。

急成長中の生放送配信サービス

 ─はじめに、ニコニコ動画内におけるニコニコ生放送の役割について教えてください。

 2006年12月にニコニコ動画がスタートしてから1年後の2007年12月に、ニコニコ生放送はスタートしました。実は、ドワンゴではそれ以前の2005年にも携帯向けの動画ストリーミング放送サービスを行っていたこともあり、動画の生放送配信に可能性を感じていました。その後、ニコニコ動画のユーザー数が伸びてきたことと、生放送配信を行うためのインフラも整ってきたことで、本格的に生放送配信サービスを行うこととなりました。

 他の動画配信プラットフォームとニコニコ生放送の決定的な違いの1つは、生中継中にリアルタイムでコメントを付けられることです。ユーザーと出演者、さらにユーザー同士のコメントを通じたコミュニケーションにより、感情・感動を共有し、他メディアにはない一体感を生み出すことができることが大きな特徴です。

 ニコニコ生放送で提供する番組は大きく分けて公式番組とチャンネルとユーザー生放送の3つあります。公式番組については、配信スタッフもいるので企画・制作から入り、ある程度のクオリティを担保しています。

株式会社ドワンゴ 木村良輔氏
株式会社ドワンゴ 木村良輔氏

震災以降、視聴者層に大きな変化が

 ─震災時にはいち早く現場から実況中継を行ったり、最近ではテレビとの連動企画などに取り組まれているかと思います。視聴層に変化はありましたか?

 確かに変化しています。大きな傾向としてはこれまでは10代~20代のユーザーが多い傾向にありましたが、3月に行ったクローズアップ現代とのコラボ企画や5月に行った大相撲中継の影響から、40代のユーザーが増えてきました。【注】音楽アーティストのプロモーションの場としても認められつつあるので女性ユーザーも増えている印象です。

 テレビとの連動企画は我々だけではなくテレビ側にとっても若い世代にアプローチできるというメリットがあります。クローズアップ現代の例で言うとテレビでのオンエア前には「直前番組」を放送しテレビでのオンエアがはじまった段階で、ニコニコ生放送の画面にはコメントだけ流れるようにします。

 すると、ニコニコ生放送を見ていたユーザーはコメントが気になりテレビをつけるので、テレビ側にとっては今までアプローチできなかった層を取り込むことができる、といった流れです。こういった連動企画は今後スタンダードになっていくのではないでしょうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ニコニコ生放送の企業の利用動向

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
統括編集長インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

メディア部門 メディア編集部 部長/統括編集長1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトオープン以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。2011...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/08/16 14:47 https://markezine.jp/article/detail/14166

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング