SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Google+」のユーザー数で日本は8位、投稿数では2位

 ユーザーローカルは、米グーグルが6月にオープンしたSNS「Google+」で人気のコンテンツをランキング形式で紹介するサイト「Journal+」を開設した。ランキングは、全世界・国(地域)別にまとめられ、Google+の「サークル」に入れられた数によるユーザーランキングなども見ることができる。

「Google+」の国別ユーザー数ランキング(ユーザーローカルによる独自調査結果)
国別ユーザー数ランキング(ユーザーローカルによる独自調査結果)

 また、ユーザーローカルの独自集計によると、「Google+」のユーザーで、居住地が判定できたユーザーのうち日本在住者は2%で、世界で8番目に多い登録者数となっている。一方、投稿数では、全体のおよそ17%が日本からの発信で、これはアメリカに次ぐ第2位。これらのデータから、日本はユーザー数に比して投稿数が飛び抜けて多いことが明らかとなった。

【関連記事】
グーグル「+1」ボタンを、SNS「Google+」と連携
「Google+」人気ユーザーのランキングサイト「G+ナビ」オープン
フェイスブックなどのSNSは国際平和に「貢献している」 3割弱
国内フェイスブックユーザー数は385万人、mixiの16%
ECサイトの9割が「ツイッター」導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング