SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ペットの防災対策をしている」震災後に6割超に増加

 アニコム損害保険は、ペット保険の契約者に対して(被災地を除く)、8月中旬にインターネット上でアンケートを実施し、2869件の有効回答を得た。

 「ペットのために防災対策をしているか」をたずねたところ、「防災対策をしている」と答えた人は、震災前の44.0%から、震災後には61.6%へ増加。東日本大震災を契機に、防災対策に関する意識に変化が見られ、「フードを多めに備蓄するようになった」「玄関に人間用と愛犬用の避難用品を一緒に置いている」「揺れた時に周囲のものがケージの上に落ちないようにした」などの回答が多く見られた。

 また、18.7%の人が「ペットに精神的な変化があった」と回答しており、「テレビや携帯電話の緊急地震速報におびえる、吠える」「震災後、揺れや物音に敏感になった」「地震が来るとテーブルの下に隠れる、飼い主のそばから離れない」などの回答が、関東地方の回答者に多く見られた。

 地震などの災害の際に準備しておけばよかったと思うものとしては、「飲み水・フード」が最も多く、「預かってくれる場所」「鑑札、迷子札」と続いた。これらの物については震災後に多くの人が対応しているが、「預かってくれる場所」を震災後に確保したと回答した人は5.8%にとどまっている。

【関連記事】
震災で行方がわからないペットを探す「MSNペットサーチ」
節電サイト、関東からの利用が過半数
持ち歩いている写真1位は「子どもの写真」、女性2位は「ペットの写真」
ドコモら3社、塩害を受けた農地の復興支援で業務提携
凸版とフジテレビ、「きょうのわんこ」の映像配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング