SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

結婚に対するネガティブイメージ、未婚者が既婚者を上回る【リクルート調べ】

 リクルートのブライダル総研は、今年4月に未婚者と既婚者に対して、5月に結婚式(1年以内)に招待客として出席した20歳以上の男女を対象に「結婚」の価値観についての調査を行い、合計3588人から回答を得た。

 「結婚して、生活がどう変わると思うか?または変わったか?」という質問を行ったところ、既婚者では「家族としての絆が得られる」とした割合が最も高く、男女ともに8割以上の人がそう回答している。一方、未婚者では男性が「好きな人と一緒にいられてうれしい」が7割、女性が「家族としての絆が得られる」が8割で、それぞれ1位となった。

 しかし、それ以外の点については結婚生活のイメージに未婚者と既婚者で大きなギャップが見られた。未婚者と既婚者の結婚生活意識の最大の違いは、「(結婚したら)子育てに苦労する」で、男女とも未婚者が既婚者を大きく上回った。

 男性では「生活が便利になる」「仕事に打ち込める」で既婚者が未婚者を上回り、「親戚づきあいなどが増えて面倒だ」は未婚者が既婚者を上回った。また、女性では「自由な時間が増える」で既婚者が未婚者を上回り、「相手の親の面倒をみなくてはならない」「親戚づきあいなどが増えて面倒だ」で未婚者が既婚者を上回っている。

【関連記事】
結婚願望を持つ女性、2年前より10%増加
女性の購買行動は既婚/未婚、彼氏の有無でどう違うのか
結婚式の予算は二極化
現役パパを上回る、未婚男性の「子育て意欲」
「引出物」に「本」をプラスして贈る「引出本(ひきでぼん)」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/09/01 11:15 https://markezine.jp/article/detail/14327

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング