MarkeZine(マーケジン)

記事種別

音楽CDの購入を喚起する、起死回生!? の“ARジャケット”

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を、週に1回お届けするこの連載。今週は、AR(拡張現実)技術を使って楽しい仕掛けを施した音楽CDのジャケットを紹介します。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2011年
  • 国名:カナダ
  • アーティスト名:Jive Talk
  • 業種:音楽

AR技術でファンには嬉しい仕掛けを盛り込んだCDジャケット

 今回は、カナダのバンクーバーを拠点に活動するバンド「Jive Talk」の新作アルバム『123 Jump!』のユニークなCDジャケットを紹介します。コンセプトは、AR機能をCDジャケットに搭載することで、手に取ったファンにサプライジングな体験を提供するというもの。

 体験方法は、次のとおりです。

 まずCDを抜いた後、ジャケットでジオラマキットのようにスタジオを作り、Webカメラにかざします。

 すると、PC内のスタジオの上に「Jive Talk」のアニメーションが映し出され、演奏を始めます。

 CDジャケットに施された仕掛けは、これだけではありません。ジャケットの中には、メンバー4人の顔が大きく写った下のような小冊子が入っています。

 メンバーの口の部分に記載されたQRコードをiPhoneで読み取ると、ディスプレイにメンバーの口が映し出されます。そのまま口の位置にiPhoneを置くと、まるで新曲を歌っているかのように、メンバーの口が動いて見えるというわけです。

 ダウンロード隆盛のこの時代、音楽CDをあえて買いたくさせる動機付けの1つとして、可能性を感じました。ファンにとっては嬉しい企画ですよね。

動画はコチラ

引用元サイト

 ・Jive Talk - 123 Jump! Album - Augmented Reality CD Package - QR Code:YouTube

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5