MarkeZine(マーケジン)

記事種別

色々なシチュエーションのオススメBest3を投稿するキュレーションサービス「bestmania」公開

2011/10/04 17:50

 「bestmania」(ベストマニア)は、『結婚式のエンディングにかけたいBGMベスト3』など、ユーザーが特定のシチュエーション・ターゲットに向けたお薦めの「本・マンガ」「音楽」「映画・DVD」「ゲーム」の“Best3”を自由に登録できるキュレーションサイト。「ササる!」をテーマに置き、狙った相手がピンポイントで共感できるコンテンツの創出を目指す。

ユーザーは自分の主観で自由にBest3を登録できる
ユーザーは自分の主観で自由にBest3を登録できる
Best3を作成する場合は、「本・マンガ」などジャンルを選び、タイトルとタグをつけ、コンテンツを選ぶ
Best3を作成する場合は、「本・マンガ」などジャンルを選び、タイトルとタグをつけ、コンテンツを選ぶ

 作成されたBest3に対して、他のユーザーは[ササった!]ボタンをクリックすることで評価をすることができる。[ササった!]ボタンのクリック数によって、サイト内での表示順位が変わる。

閲覧したBest3の内容に共感した場合は、[ササった!]ボタンをクリックし評価する
閲覧したBest3の内容に共感した場合は、[ササった!]ボタンをクリックし評価する

 同サービスは、リクルート社内の新規事業提案制度「New RING」でグランプリを獲得して設立された新会社エモーチオによってリリースされたもの。同制度からは、過去にR25やゼクシィ、ホットペッパーなどの事業が誕生している。

 リリースにあたりエモーチオ代表取締役の林晃佑氏は、検索エンジンを利用しても自分が求める情報に適したページになかなか辿りつけない、あるいは到達したページからさらに情報を探す必要があるなど、情報過多の現状にストレスを抱えている人が多いと指摘。同サービスによって、明確に受け手やシーン、シチュエーションが定義された情報をニッチなコンテンツを大量にWeb上に創出することで、ピンポイントで人々のニーズに応え、「情報と検索に革命を起こす」とした。

エモーチオ代表取締役 林晃佑氏
エモーチオ代表取締役 林晃佑氏

 主な収益源はアフェリエイトなどの広告収入。定量的な目標としては1年間で50万コンテンツ、5年間で1000万コンテンツ、月間1億ユニークユーザーを目指す。また、英語圏や中国語圏への進出も視野に入れている。

記者会見には同社が認定した「ベストササリスト」としてタレントのデーブ・スぺクターさんと原幹恵さんが登場した
記者会見には同社が認定した「ベストササリスト」としてタレントのデーブ・スぺクターさんと原幹恵さんが登場した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5