SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タブレット型端末導入、積極的な企業が67%【GfKジャパン調査】

 調査結果によれば、16%の企業が「スマートフォンを導入している」と回答し、導入率は前回調査(2010年9月)から8%ポイント上昇した。「導入を予定/検討している」と回答した企業の割合も増加しており、「興味はある」までを含めると全体の5割がスマートフォン導入に関心を示す結果となった。

 業種別の導入状況をみると、「導入済み」の割合が最も高かった業種は「流通業」、「導入を予定/検討している」においては「不動産業」が最多となった。

 スマートフォンのOSをみると、導入済み企業においては「iOS」が前回調査の43%から38%へ縮小した一方、「Android」が20%から44%へ拡大し最多OSとなった。

 タブレット型端末の導入については、12%の企業が「タブレット型端末を導入している」と回答。また、「導入を予定/検討している/興味はある」の割合は55%となり、前回調査(2010年6月)の37%から大きく拡大した。

 本調査は、勤務先で情報システム部門に所属、またはITハードウェア・ソフトウェアの導入にかかわる人を対象に、2011年10月に実施した。サンプル数は約1,500である。

【関連記事】
・ここまで違う、スマホ利用者とフィーチャーフォン利用者 【DACのユーザー1000人調査】
・上半期スマホ出荷台数、前年比4.5倍に【MM総研調査】
・女性がモバイルで使わない機能1位は「Bluetooth」
・iPhoneを選んだ理由1位は「それがiPhoneだから」 【スマートフォンに関する調査】
・ネットでの友達の多さは「リア充」にあらず?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/11/15 18:42 https://markezine.jp/article/detail/14681

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング