SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ゲーミフィケーションカンファレンス 2012」6月開催

 「ゲーミフィケーションカンファレンス 2012」は、さまざまな分野から注目を集めている「ゲーミフィケーション」をテーマに、国内外からゲストを招き、ゲーミフィケーション活用事例、導入のために必要な知見を提供する。WEB設計手法についてのミニワークショップも開催され、参加者もゲーミフィケーションを体感することができる。

 主な登壇者は、Kris Duggan(Badgeville社)、JP Rangaswami(Salesforce社)、Michael Wu(Lithium社)、Mario Herger(SAP社)、藤本徹(東京大学)、細井浩一(立命館大学)、国光宏尚(gumi)、西井敏恭(ドクター・シーラボ)、岡本基(エンタースフィア)の各氏。

【ゲーミフィケーションカンファレンス 2012 開催概要】
日時:2012 年6 月28日(木) 10:30~19:00  ※終了後、懇親会開催予定(別途費用)
場所:ヤフー株式会社セミナールーム(東京ミッドタウン)
定員:約250名
金額:<個人>25,000円(ランチ提供予定)、<団体>5名1 セット:75,000円
主催:ゲーミフィケーションカンファレンス運営委員会
後援:株式会社ゆめみ
委員会メンバー:国際大学GLOCOM研究員 井上明人 氏/株式会社ループス・コミュニケーションズ 岡村健右 氏/株式会社NHK出版 久保田大海 氏/株式会社ゆめみ 代表取締役社長 深田浩嗣

【関連記事】
ゆめみ、米国の位置情報連動ソーシャルゲーム「MyTown」を日本展開
東芝、ゲーミフィケーションを活用した15分間の「モテキ体験」
「もっとサンシャイン牧場」リリース! 女子力を活かしたソーシャルゲーム制作のウラ舞台
ソーシャルゲーム継続ユーザーの心理、「つながりたい」「癒されたい」
月額9万5000円でソーシャルゲームが開発できるサービス「ソクツク」
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/04/26 18:20 https://markezine.jp/article/detail/15599

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング