SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Pinterestユーザーを狙った新種のソーシャル詐欺

 「Pinterest(ピンタレスト)」は、オンラインで収集した画像をブックマークツールを使用して仮想のボードにピン(貼り付け)することで、他のユーザーと共有できるソーシャルネットワークサービス。ユーザー数は2012年3月時点で1300万人と推定され、商品クーポンの配布に利用している企業も出てきた。しかし、このPinterestを使った新しい手口の詐欺が出てきたとして、マカフィーは注意を呼び掛けている。

 詐欺の手口として、無料サンプルの提供を悪用したものがある。有名ブランドのロゴが付き、「商品/ギフトカードを無償で進呈します」と記載された画像をクリックすると、外部サイトに誘導され、そこで景品などを受け取るしくみになっている。こうしたサイトではまず画像をボードに貼り付けるようユーザーに促し、リンクをクリックさせてアンケート詐欺サイトに誘導して被害を広げようとする。アンケートとは無関係のサービスにも登録を要求して個人情報を引き出したり、危険なマルウェアをインストールしたりすることもあるという。

 マカフィーでは詐欺を広めないために、疑わしい画像はボードに貼り付けない、定期的に自分のピンボードをチェックする、セキュリティソフトを利用する、クリックする前にそのアドレスが正当なサイトであるか確認する、リンクが短縮URLである場合はURLプレビューツールを使用することなどを推奨している。

【関連記事】
楽天、Pinterestに出資
資生堂、公式Pinterestページをオープン
LINEユーザーのアクティブ率77.4% 【LINE・Instagram・Pinterest利用動向】
Facebook、セキュリティ製品の半年分のライセンスを無料提供するページを公開
ソーシャルメディア炎上予備軍の存在

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/19 10:59 https://markezine.jp/article/detail/15683

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング