MarkeZine(マーケジン)

記事種別

IBM、ソーシャルの書き込み数億件を一括分析できる非構造化データ分析ソフトを発表

2012/06/07 11:50

 日本IBMが発表した「IBM Content Analytics with Enterprise Search V3.0」は、Hadoopソフトウェア「IBM InfoSphere BigInsights」との連携により、ソーシャル・メディア上の書き込み数億件を一括で分析することができる。従来の11言語に加えて、ロシア語、チェコ語、ヘブライ語、ポーランド語の4言語に対応したことで、計15言語、世界の総人口の約70%の言語に対応する。

 2011年10月の調査では、Twitterの言語別つぶやき件数の第2位は「日本語」で、1日当たりの日本語によるつぶやきは約2600万件と報告されている。本製品は数億件規模に達する、1~2週間分の日本語による全つぶやきを1度に分析することができる。また、検索機能と統合したことで、文脈に応じた検索結果の絞込みや、検索結果の時系列分析、相関分析など、高度な検索機能を実現している。

【関連記事】
デジタルガレージ、Twitterでビッグデータ事業に参入
SASがHadoopに対応、ビッグデータ分析をリード
IBM、つぶやきやプロフ機能で業務を効率化する企業内ポータル・ソフト発売
世界のCIOは「顧客/市場とのつながり」を重視、日本のCIOには「モノ志向」
トーチライト、ソーシャル解析のSocialbakers社と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5