SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生の3割、「自分が社会人になるころの社会は明るい」

 リクルート進学総研が高校生を対象に行った調査におると、自分が社会人になるころの社会イメージについて「明るい」と感じている高校生は30.6%。その理由としては、景気回復や震災復興への期待が目立っている。一方「明るくない」と感じる理由には、 不景気・就職難や少子高齢化、環境問題などへの不安が多い。

 また、自分自身の将来イメージについてたずねたところ、「明るい」と感じている高校生は55.4%で、自分の努力で明るくしたい、将来の夢があるなどの意見が目立っている。また、「明るくない」と感じる理由は、就職への不安、将来の夢がないことなど。

 自分の進路について考えるのが不安と感じている高校生は59.8%で、男女別では、女子のほうが不安を感じている。その理由の8割弱は「仕事に就くことができるかどうか心配だから」となっている。

【調査概要】
調査目的:高校生の将来イメージおよび進路選択に対する価値意識を把握する。
調査期間:2012年4月13日(金)~4月20日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象:株式会社マクロミルのモニター会員のうち、2012年3月時点の高校生を対象にスクリーニング調査を実施し、条件に該当した者を調査対象とした。
有効回答数:1,239人

【関連記事】
高校生のスマホ所有率は4割弱に急増、SNS利用者は8割弱
高校生の7割が「グローバル化は自分と関係がある」
デコれないツイッターは「カワイくない」
高校生が不安に思うこと1位は「大学受験」より「就職」
麗澤大学、学内SNS導入 企業紹介による内定獲得数、前年比5倍に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング