SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タブレット型端末、52%の企業が導入に積極的
最多理由はペーパーレス化によるコスト削減

 GfK Japanは、2012年4月期における企業のタブレット型端末利用状況を発表した。

 タブレット型端末を「導入している」と回答した企業の割合は19%。「導入を予定/検討している」の割合は33%であった。

 業種別にみると、「建設業」「教育」では「導入している」が前回調査から10%ポイント以上増加。また、「不動産業」「流通業」においては「導入している」が20%強、「導入を予定/検討している」割合も40%を超え、導入に積極的な姿勢が見られる結果となった。

タブレット型端末導入状況

 また導入の最多理由は「ペーパーレス化によるコスト削減」であった。タブレット型端末のビューアーとしての活用認知度の高まりがうかがえる。

タブレット型端末導入理由

【調査概要】
調査期間:2012年4月
調査方法:インターネットリサーチ
サンプル数:約1,800 ※従業員規模別・業種別の各セグメントで均等割付
回答者:情報システム部門所属、またはITハードウェア・ソフトウェアの導入関係者
調査項目:スマートフォン・タブレット型端末導入状況
        企業の情報化投資動向に関する事業所調査

【関連記事】
タブレット利用が進む米国、ユーザーはPCより「スマホ」に近いと認識、さらに未来への期待も【電通総研調査】
博報堂DY、タブレット端末を使った営業・接客支援ツール「スマートセールス」を開発
電子教科書を読む教育用タブレットは2015年に1000億円市場に
2012年企業のモバイル広告利用動向調査結果 スマートフォン広告出稿、BtoC企業で大きく増加
2015年、モバイルワーカー人口は13億人以上に Googleの位置情報サービスをビジネスへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング