SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クロス・フュージョン、700ページの「Google アナリティクス解説書」を500円からのサービスラインナップで提供

 クロス・フュージョン代表取締役の衣袋宏美氏のブログによると、2011年3月に発行した「おしえて! Google Analytics」(現在は販売終了中)の続編として、Googleアナリティクス バージョン5に対応したマニュアル本を7月にリリースする。内容は、進化を続けるGoogle アナリティクスの最新の仕様や画面を網羅的に収録したもので、各レポート項目などの解説が主となっている。総ページ数は約700ページ、約24万文字、図の点数は1000点あまりの大作となっている。

『Google アナリティクス 完全マニュアル』(衣袋宏美 著)
7月に発行された『Google アナリティクス 完全マニュアル』は、PDF廉価版(500円)、PDF通常版(3,800円)、PDF更新版(18,000円)、Word更新版(480,000円)の4種類

 7月リリース予定のこの解説書は、販売形式が4種類。素案として発表されたプランは次のとおり。

・PDF廉価版(単品販売/500円)
・PDF通常版(単品販売/3,800円)
・PDF更新版(年間購読制、更新2回を含む3回/18,000円)
・Word更新版(年間購読制、更新2回を含む3回/48万円)

 本(PDF)をこうしたかたちで提供するのは、利用頻度や必要度の高いユーザーには、定期的に更新版を送ることで常に最新情報に触れてほしいというねらいからである。詳細は後日正式発表される。

【7月23日追記】
7月23日付で、「Abilie」を通じて販売するPDF廉価版(500円)以外の販売が開始された(Abilieでは、現在審査待ちとなっている)。

【8月3日追記】
7月30日付で、
「Abilie」で「PDF廉価版(500円)」の販売が開始された。

【関連記事】
「Google アナリティクス」のAndroidアプリが登場
Googleアナリティクスに、コンテンツを最適化するテストツール「Content Experiments」
セプテーニ・クロスゲート、スマホ着信課金型で「Google+ローカル」の運用最適化サービス
ソーシャルデータをリアルタイム分析する「SAP Social Media Analytics by NetBase」
ビッグデータを超高速に可視化する「SAS Visual Analytics」国内提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/19 14:33 https://markezine.jp/article/detail/16075

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング