SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「転職肯定派は8割強」アイデムが若年者の転職に関する調査を発表

 株式会社アイデムは、正社員として働く20代、30代の男女1,112名を対象に、『若年者の転職に関する意識と実態』をテーマにアンケートを行い、その結果をまとめ、8月21日に発表した。対象者の多くは、有効求人倍率が1をきっていた1993年から2005年に就職活動を行なった就職氷河期の人たちだ。

 調査では、「転職肯定派が8割強」という結果が出る一方で、「現在転職を考えていない人は7割」という結果が出た。また、直前の勤務先を辞めた理由は「給料が良くない」32.4%、今後転職する場合の勤務先選択で重視するのは「仕事内容」45.1%と最も多かった。

 07年10月1日からの『改正雇用対策法』の施行で求人の年齢制限が原則禁止となるため、今後の変化が注目されるが、今後転職をする場合に障害になることを聞いた結果では、「求人の年齢制限のため応募できる会社が限られそう」との回答がもっとも多く4割を占めた。

 詳しいレポート内容は下記まで。

プレスリリース:アイデム「若年者の転職に関するアンケート調査」(PDF)


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:36 https://markezine.jp/article/detail/1634

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング