SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

ロシア第4の都市、仕事をしない政治家のケツに火をつけた度肝を抜く秘策とは?

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を紹介するこの連載。仕事をしない政治家たちを見かねたロシアのニュースサイトの秘策がメディアを席巻。政治家たちを動かすことに成功しました! 一体どんな仕掛けだったのでしょうか? 毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2012年
  • 国名:ロシア
  • 業種:URA.RU
  • 業種:メディア

政治家たちをあわてさせた、ある出来事とは?

 ロシアで4番目の大都市エカテリンブルクでは、道路のあちこちがデコボコ、穴だらけの状態で長い間放置されたままになっており、大きな社会問題となっていました。市民が政治家に苦情を言っても一向に修復されないような状態が続いていたようです。

 本日は、そんな状況を見かねローカルニュースサイト「URA.RU」が、地元政治家に道路修繕という“彼らにとっての当然とも言うべき”仕事をさせようと仕掛けたアンビエントプロモーション「Make the politicians work」を紹介します。

 同社は、夜間の交通量がほぼない時間に、同都市の知事・市長・副市長3名の似顔絵を道路の穴ぼこに大きく描きます。そしてそのそばに「4月中に修復します」との一文を一緒に添えました。あたかも彼ら3名が宣言しているかのように。

(同都市の3名の政治家)

(こんな風に1つの穴ぼこに1名の顔をスプレーで描きます)

(こちらがその完成版。結構似てますよね)

そしてこれを、翌朝同社ニュースサイトで記事にします。

 この試みは瞬く間に爆発的にバイラルします。
 他のニュースサイトでもすぐに面白がって記事にされ、

 ローカル局だけでなく、キー局のテレビ番組でもこぞって報道されました。

 この状況に、まさにケツに火がついた知事たちは、翌日にはすぐさま3つの穴の修復命令を下したそうです。もちろんそれだけではなく、これまでよりも格段にしっかりと道路の修復作業を実行したそうです。

 ニュースサイト「URA.RU」にとっては、300を越えるカバレッジを獲得し、ソーシャルメディアでは7000件以上取り上げられ、その結果サイトのアクセス数が2倍になったそうです。

 素晴らしくユニークな社会派キャンペーン。

 これを仕掛けたのがNPO団体などではなく、一メディアであったことに驚きを禁じ得ません。メディアが市民の声を代弁して、このような企画を行う姿勢に感心させられると同時に、“リベラルなのか保守なのか”といったメディア自身のあり方、自らのスタンスを、このような手法を通じて体現した姿勢に新しさを感じます。

 それにしてもメディアの影響力の凄まじさを痛感する事例でした。素晴らしい!!

動画はコチラ

参考サイト

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/09/12 08:00 https://markezine.jp/article/detail/16377

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング