MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マリンソフトウェアが日本法人設立、デジタル広告の管理プラットフォームを提供

2012/09/13 09:30

 米マリンソフトウェアが提供する広告管理プラットフォームは、Google、Yahoo! JAPAN、Bing、Baidu、Facebook、Criteoなどのグローバルな検索エンジンをはじめとするパブリッシャーを26の通貨で管理運用。ブランドや広告代理店は、より効果のある分析や管理、広告プログラムの最適化が可能となる。

 今回、日本法人のマリンソフトウェア株式会社を設立し、アドビシステムズでScene7のアカウントエグゼクティブを務めていた池田智幸氏が代表取締役となった。

【関連記事】
ROIに最大の影響を及ぼしているのは「検索連動型広告」
NHNグループ、「イオンスクエア」の検索強化とデジタル広告事業で連携
アイレップ、中国ディレクトリ検索サービスの日本企業カテゴリ独占販売権を取得
米国モバイル広告売上今年度トップ3はグーグル、パンドラ、ツイッター
アクティブコア、「ac cruiser」に第三者配信サーバに対応したセグメント分析機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5