SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTubeにて、TOKYO MX草場氏による「独立UHF局のYouTube戦略」を公開中

 好評を博しているコンテンツの未来を探る対話集『CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ』(翔泳社)。本書はAV機器やテレビ放送など映像メディアのジャーナリスト小寺信良さんと、音楽とネットと著作権問題のオーソリティ津田大介さんによる共著だ。

 そして『CONTENT'S FUTURE』×YouTubeコラボレーション企画の第1弾として、本書34ページから掲載されている草場大輔氏取材時のポイント・オブ・ビューがYouTubeにて公開中だ。2時間以上におよぶ対話の中のほんの8分弱だが、核になる部分が「編集」されているので、ビデオと本を合わせて体験すると、より理解が深まるのではないだろうか。

 このエントリーのように本の取材時の様子を動画で公開、それもYouTubeを利用して、というのはこれまでIT系技術書としてもかなり新しい試みだ。

 この後、ソニー西谷氏、価格コム遠藤氏のムービーがすでに完パケしており、インタビューイ側の意向で録画しなかった日テレ土屋氏と椎名氏を除く全7名+小寺津田対談の計8本を順次公開予定だ(週に1本のペース)。なお、動画の編集は、テレビの編集マン出身である著者の小寺氏自身によるもの。

『CONTENT'S FUTURE』の詳細は→ AmazonSEShop

参照サイト:CONTENT'S FUTURE

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:26 https://markezine.jp/article/detail/1643

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング