MarkeZine(マーケジン)

記事種別

初心者Webマーケター向けソーシャルメディアマーケティング実践編[3]キャラ&写真をフル活用したブランディング手法

2012/10/19 08:00

 Webマーケターなら知っておきたいソーシャルメディアマーケティングについて解説する、短期集中連載です。実践編第3回目の今回は、ブランディングの手法、ポイントについて実例を中心でお伝えします。

ソーシャルメディアの運用目的は「ブランディング」という企業多数

 NTTレゾナントとループス・コミュニケーションズ調査の第3回「企業におけるソーシャルメディア活用状況」によると、Twitter企業アカウントを含むソーシャルメディアの運用目的を聞いたところ、全てのメディアで「広報活動」(企業PR)「企業全体のブランディング」「キャンペーン利用」が上位3位にランクインしています。その他、約2割の企業が、特定製品やサービスのブランディング利用にも活用しているとのこと。ブランディング利用は、ソーシャルメディア活用の大きな目的の1つなのです。

第3回「企業におけるソーシャルメディア活用状況」
(NTTレゾナント、ループス・コミュニケーションズ)

 そもそもブランディングとは、競合企業や製品・サービスなどと自社との違いを明確にし、顧客や消費者の関心を高める行為全般を指します。企業や製品・サービスに関するテレビCMや雑誌広告等と目的が同じと考えるといいでしょう。ただし、マスメディアではないので、イメージの一方的な押しつけはできないところに注意が必要です。

 ブランディングのためには、ソーシャルメディア上でアカウントや公式ページを作り、繰り返しユーザーに発信・交流していく必要があります。積極的なメッセージ等の発信の他に、自社や自社製品・サービスに対するクレーム・意見などに対応するマイナスへの対処も重要です。マスメディアやソーシャルメディアで手間やコストをかけてブランディングしても、企業や社員の不祥事やクレームを放置したことによって、帳消しになってしまうことがあります。企業・社員・メディアまで含めたトータルでのブランディングが重要なのです。

 そのように、企業のFacebookページの場合は、トータルで発信するメッセージすべてがブランディングにつながります。なお、個人のFacebookやTwitter、その他ソーシャルメディアなら、投稿するテキスト・写真・動画、プロフィール、交流関係などもセルフブランディングにつながります。Facebookのタイムライン、Twitterのアイコン等もブランディングにつながるので、企業や製品・サービスなどがひと目で分かるもの、ブランディングしたいイメージに合う画像を選ぶといいでしょう。

マスメディアよりSNSで認知した人のほうがサービス利用意向度が高い

 リクルートが運営する不動産・住宅サイトの「SUUMO」は、キャラクタースーモ君を中心に、ソーシャルメディアブランディングを展開しています。同社では、Facebook、Twitter、MobageやGREE、スマートフォン向けアプリ、Facebookやmixiで遊べるゲーム等を提供。スーモ君のキャラクターを伝える他、ユーザーと交流したり、ユーザーのブランドとの接触回数を増やすことを目的としているのです。

 SUUMOのブランドチームリーダーによれば、限られた住宅購入のタイミングを逃したくはないけれど、そのタイミング外である圧倒的多数にテレビCMを打ち続けるのはコストに見合わない。しかし出稿を止めた途端に、好意度が下がってしまう。そこで、ソーシャルメディアマーケティングに力を入れたといいます。(参照:「SUUMOのソーシャルメディア担当者に聞く ソーシャルメディアを軸とした『統合ブランドコミュニケーション』とは?」

 同社が半年に一度行っているSUUMOブランドに関する調査結果によると、マスメディアで認知した人よりもソーシャルメディアの公式ページを知っている人の方が、SUUMOの利用意向度が高いといいます。キャラクターを用い、結果的にそのような結果につながるブランド浸透型の使い方は、多くの企業で参考になるのではないでしょうか。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5