SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

初心者向けソーシャルメディアマーケティング入門

初心者向けソーシャルメディアマーケティング実践編[2]ソーシャルメディア販促、EC連動のポイント~なぜ成功企業はスイーツを紹介するのか~

 Webマーケターなら知っておきたいソーシャルメディアマーケティングについて解説する、短期集中連載です。実践編第2回目の今回は、成功するソーシャルメディア販促、EC連動のポイントについて説明します。

ターゲットに合わせたソーシャルメディアで効果的にリーチ

 ソーシャルメディアマーケティングに取り組もうというなら、企業によってさまざまな目的があるでしょう。ソーシャルメディアごとに、ユーザー層、機能、向いている目的や用途等が違うため、複数のソーシャルメディアを使い分けるのがお勧めです。また、単純接触効果により、ターゲット層に複数のメディアを通して接触することによって好感度が上がっていくという効果も期待できます。今回は、ソーシャルメディア販促・EC連動について考えていきます。

 「iQON」という、ファッションコーディネートが自在に楽しめるソーシャルファッションSNSがあります。最大の特徴は、通販サイトで実際に販売されているファッションアイテム画像を自由に組み合わせてコーディネートが作成できる点です。自分のコーディネートは投稿・共有できる仕組みであり、気になるアイテムがあれば、ワンタップで販売サイトで購入が可能となります。

 2012年3月現在、月間100万人以上の訪問者が、10万件以上のコーディネートを作成しています。2月23日にiOSアプリをリリースしたことでアクセスが急増し、3月9日にはユーザーが作成できるコーディネートコンテンツ数も2週間で1万件を突破しました。主なユーザー層は20代の女性が中心であり、アプリには1日平均で9回ほどアクセスしているといいます。

「iQON」。ユーザーのコーディネートは共有されて拡散していく。クリック・タップで購入も可能

 たとえば、20代女性をターゲットに、ファッションブランドやファッション性の高いコンテンツを販促したい場合、このようなSNSを活用することで、販促効果が期待できるというわけです。実際、2012年7月現在、ZOZOTOWN、Yahoo!ショッピング、ファッションウォーカー等40以上の通販サイトと連携している他、「OIOI web channelの商品を1点以上使用したクリスマスの日に着たいコーデ募集」「結婚式場選びサイト「みんなのウェディング」で好きな会場を見つけて、そこで着てみたいパーティファッションの募集」などのコラボキャンペーンも積極的に行われています。

 Pinterestも、ユーザーの大半が女性の、画像に特化したネット上のピンナップボードサービスです。ネット上で見つけたお気に入りの画像・動画を「ピン」(スクラップ)することができ、マーケティングに使うことができます。これは、次回説明します。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ソーシャルメディアマーケティングは商品選択から始まっている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
初心者向けソーシャルメディアマーケティング入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高橋 暁子(タカハシ アキコ)

ITジャーナリスト、情報リテラシーアドバイザー。 SNSなどのウェブサービス、子どもの携帯電話利用をはじめとした情報モラル教育、ネット規制、電子書籍などに詳しい。インタビューや取材も得意としている。元小学校教員であり、昨今の教育問題にも詳しい。 本や記事の執筆の他、携帯電話やSNSなどをテーマに講演、セミナー、監修、アドバイザーなども手がける。 著作に「Facebook+Twitter 販促の教科書 」「Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本」「Facebookで就活に成功する本」「仕事を成功に導くFacebook活用術」などのFacebook・Twitter関連本、「電子書籍リーダーをビジネスで使う本」「電子書籍の可能性と課題がよーくわかる本」などの電子書籍関連本、「子どもにケータイもたせていいですか?」などの情報リテラシー本、「仕事ができる・広がる! はじめてのLinkedIn」などのLinkedIn本、「ミクシィをやめる前に読む本」などがある。・連絡先:aki-akatsuki@nifty.com ・公式サイト:http://akiakatsuki.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/04 08:00 https://markezine.jp/article/detail/16416

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング