SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NEC、広告・情報配信サービス「FineChannel」で金融機関のデジタルサイネージへ配信

 「FineChannel」は、NECが、パートナーである広告会社や情報コンテンツプロバイダーから提供を受けた企業広告や自治体の広報、情報番組などを組み合わせて、既設のデジタルサイネージに配信を行うサービス。ロケーションオーナーとなる企業にとっては、地域企業や地方公共団体の広告を扱うことで地域の活性化に貢献できるとともに、広告配信料の一部が新たな収益となる。

 第一弾として、金融機関を媒体社(ロケーションオーナー)として取りまとめ、広告主やコンテンツプロバイダーが個別に媒体社と交渉・契約などをすることなくコンテンツを配信できるサービスを提供。すでに千葉銀行、足利銀行などにおいて、店舗のデジタルサイネージへの広告や情報コンテンツの配信が始まっている。

 これまで、金融機関に設置されているデジタルサイネージの多くは、法的に義務付けられた金利表示等に使用されていたが、NECは金融機関を含む研究会を立ち上げ、参加企業の協力を得て、約半年にわたるビジネストライアルを実施。その効果を踏まえて今回の事業化にいたった。

【関連記事】
JR東日本企画、東京駅で新たなデジタルサイネージメディア放映開始
NECと博報堂DYmp、金融機関のデジタルサイネージを使った広告配信サービス
ポカリスエット、時間・場所ごとに切り替わるデジタルサイネージ広告を展開
NECビッグローブ、「ついっぷる」を活用したO2Oマーケティング支援サービスを提供
NEC、ビッグデータに混在する規則性を自動発見する技術

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング