SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ソーシャルで彼氏・彼女とつながりたくない」8割、学生と社会人で男女間のコミュニケーションに大きな違い【電通PR調査】

 電通パブリックリレーションズは、ソーシャルメディアを利用している、15歳以上39歳以下の独身男女計555人(1都3県在住)に対してアンケートを行った。

 ソーシャルメディアをきっかけに、異性と親しくなったり、彼氏・彼女ができたことがあるかを尋ねたところ、「彼氏・彼女ほどではないが、親しくなった異性ができた」と回答した人は全体の3割を超え、「彼氏・彼女ができた」と答えた人は2割弱を占めた。

 ソーシャルメディア上でつながっている人の1位は「友達」(95.3%)で、「学校の先輩・後輩」(47.6%)、「彼氏・彼女」(35.1%)が続いた。「元カレ・元カノ」とつながっている人も2割以上(21.1%)となっている。

 ソーシャルメディア上で彼氏・彼女とどのような関係でいたいかについては、「ソーシャルメディア上でもつながりたい」と積極的な姿勢を見せた人は全体の2割。「相手が望めばつながってもいい」「本当はつながりたくないが、すでにつながってしまっている」「つながりたくない」など8割が消極的(ないし否定的)な姿勢を見せた。

 ソーシャルメディアをきっかけに、異性と親しくなること・彼氏・彼女ができることにとりわけ積極的だったのが「学生」で、特に女子学生においては、30代女性社会人と大きな差がみられた。ソーシャルメディアの利用においては、学生や社会人といった各ステージで変化が大きくなっている。

【関連記事】
女子に効くのは「ネット広告」、男子に効くのは「SEO」
女性の購買行動は既婚/未婚、彼氏の有無でどう違うのか
男どうしで恋愛トーク、ソーシャルでの影響力・出世意欲も高い「カフェオレ様」
ベネッセ、恋も勉強もがんばる中高生向けに「モテ度診断」
若者の旅行離れ、「恋人の有無」が影響

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング