SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セカンドライフの利用経験者はたった2%! マイボイスコムが調査結果を発表

 オンラインでのリアリティを追求した3Dデジタルワールド、『セカンドライフ』。ここでは、土地や島の所有や、作成した3D製作物の売買が可能であり、全世界で700万人以上に利用されているようだ。マイボイスコム株式会社は、『セカンドライフの利用』に関する調査を実施し、2007年8月1日~5日に1万2,386件の回答を集めた。

 その結果、セカンドライフの利用経験者はたった2%だった。「利用したことはないが内容は知っている」は32%、「名前を聞いたことがある」は25%となり、認知している割合は59%となった。非利用経験者の利用意向は、「すぐにでも利用したい」(1%)、「機会があったら利用したい」(20%)、「条件が変わったら利用したい」(15%)で、合計は36%。利用意向を示さない人の方が多いようだ。

 セカンドライフ内でやってみたいことは、「自分の分身となるキャラクター(アバター)を作りたい」、「自分の土地を購入したい」がともに29%で上位となった。以下は、「自分の街を作りたい」(28%)、「世界の中を自由に飛んでみたい」、「家や乗り物、服を作りたい」、「商売を行い、実際のお金に両替したい」(以上、27%)が続いた。「ゲームを楽しみたい」や「チャットを楽しみたい」はそれぞれ13%にとどまっており、アクティブな行動を希望する人が多いことがうかがえた。

 セカンドライフのイメージは、「わかりにくそう」が38%でトップ。以下、「登録の手続きがわかりにくい」、「運営会社の情報がよく見えず不安」(共に22%)が続き、上位3位はマイナスイメージが占めた。プラスイメージのトップは、「世界につながっている」(17%)となった。

ニュースリリース:「セカンドライフの利用」に関する調査結果(PDF)


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:11 https://markezine.jp/article/detail/1673

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング